ヘタフェ対ジローナ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

アクセス お問い合わせ一覧 YouTube PubMed(学内専用) English English 大学概要 建学の精神・概要・沿革 理事長メッセージ 学長メッセージ ユニバーシティ・アイデンティティ(UI) 金沢医科大学の教職員像 地域等との連携協定 新・金沢医科大学禁煙宣言 キャンパス紹介 入学案内 医学部入学者選抜情報 看護学部入学者選抜情報 大学院医学研究科入学者選抜情報 大学院看護学研究科入学者選抜情報 学部・大学院・研究所 医学部 看護学部 大学院医学研究科 大学院看護学研究科 総合医学研究所 教育・研究支援 一般教育機構 医学教育センター 研究推進センター アナトミーセンター 国際交流センター 臨床試験治験センター 図書館 図書館蔵書検索(図書館サイト) サービス 金沢医科大学機関リポジトリ おすすめデータベース しらべものリンク 利用案内 図書館長メッセージ 大学病院 金沢医科大学病院 金沢医科大学氷見市民病院 能登北部地域医療研究所 寄付のご案内 金沢医科大学に対する支援 金沢医科大学病院に対する支援 受験生の方へ 卒業生・保護者の方へ 研究者・企業の方へ 学生・教職員・研修医 アクセス プライバシーポリシー お問い合わせ一覧 YouTube PubMed(学内専用) 受験生の方へ 卒業生・ 保護者の方へ 研究者・企業の方へ 学生・教職員・ 研修医 大学概要 大学概要トップ 建学の精神・概要・沿革 理事長メッセージ 学長メッセージ ユニバーシティ・アイデンティティ(UI) 金沢医科大学の教職員像 地域等との連携協定 新・金沢医科大学禁煙宣言 キャンパス紹介 入学案内 入学案内トップ 医学部入学者選抜情報 看護学部入学者選抜情報 大学院医学研究科入学者選抜情報 大学院看護学研究科入学者選抜情報 学部・大学院・研究所 学部・大学院・研究所トップ 医学部 看護学部 大学院医学研究科 大学院看護学研究科 総合医学研究所 教育・研究支援 教育・研究支援トップ 一般教育機構 医学教育センター 研究推進センター アナトミーセンター 国際交流センター 臨床試験治験センター 図書館 図書館トップ 図書館蔵書検索(図書館サイト) サービス 金沢医科大学機関リポジトリ おすすめデータベース しらべものリンク 利用案内 図書館長メッセージ 大学病院 大学病院トップ 金沢医科大学病院 金沢医科大学氷見市民病院 能登北部地域医療研究所 寄付のご案内 寄付のご案内トップ 金沢医科大学に対する支援 金沢医科大学病院に対する支援 ホーム 学部・大学院・研究所 - 看護学部 各科目群・教育スタッフ紹介 看護学領域 学部・大学院・研究所 看護学部 看護学部長メッセージ 本学の教育 教育に関する基本方針 カリキュラム 保健師・助産師選択コース 特色ある教育 学生支援 各科目群・教育スタッフ紹介 スチューデント・ライフ 看護師・保健師・助産師 国家試験合格状況 卒業生の動向 看護学部入学者選抜情報 各科目群・教育スタッフ紹介 看護学領域 基礎看護学 精神看護学 母性看護学・助産学 小児看護学 成人看護学 老年看護学 公衆衛生看護学 在宅看護学 基礎看護学基礎看護学 研究室HP基礎看護学とは、すべての看護学の共通項である「看護」「健康」「人間」「環境・社会」を柱に、各看護学領域で実施される看護の根底に共通してある基礎的・基本的な事項を学ぶ学問です。大学入学後に初めて取り組む専門科目になります。教育は、看護を実践するための基礎的知識・技術が身に付くように、1学年前期より、講義・実習が始まります。実習では、1学年前期には、看護の対象である人々の生活を知る、看護職者には対象の権利擁護や倫理的行動をする必要性がわかること、2学年後期には、入院している個人を対象に看護援助を展開する実習を行います。教育のねらいとしては、様々な看護を学び続けていくための根源的な力を身に付けられるように、知り・理解するおもしろさや喜びを感じる内容になるよう工夫がなされています。単に知識・技術の修得のみならず、看護職者としての科学思考法や倫理的態度も同時に学修します。研究活動は、各スタッフの研究課題に基づき、看護学生への教育効果やCSC(クリニカルシュミレーションセンター)の活用方法など看護基礎教育に関して、また、看護技術に関しても行っております。スタッフ 教授    松井 希代子 嘱託講師  杉森 千代子 講師    宮永 葵子 助教    釜谷 友紀 助手    白藤 友紀 担当科目1)基礎看護学の科目カリキュラム2019年度以降のカリキュラム 看護学原論Ⅰ(1年前期) 基礎看護技術論Ⅰ(1年後期) 基礎看護技術論Ⅱ(1年後期) 基礎看護技術論Ⅲ(2年前期) 基礎看護技術論Ⅳ(2年前期) 基礎看護学実習Ⅰ(1年前期) 基礎看護学実習Ⅱ(2年後期) 看護学原論Ⅱ(3年後期) 看護教育(3年後期) 2)その他の科目 統合看護学実習 (4年前期) 看護研究 (4年前期後期) 研究内容1)教授 松井 希代子研究キーワード: 糖尿病、腎不全糖尿病腎症患者における経験学習プロセス評価項目の開発と療養行動改善への効果の検証文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)研究期間:2023年 - 2026年代表者:松井希代子アクティブラーニングを取り入れた授業の研究を行っています。2)嘱託講師 杉森 千代子研究キーワード: 男性看護師、ジェンダー、コミュニケーション最近の研究内容: 男性看護師のジェンダー問題対応力粋性のための模擬患者(SP)活用教育プログラム開発看護の質の向上を狙いとして研究をすすめています。 基礎看護技術における学生の能動的な学習を支援する教育方法として、ブレンディッドラーニングの実践と研究を目指しています。 3)講師 宮永 葵子研究キーワード: 創傷看護最近の研究内容: 組織学的評価に基づくパーソナイズな耳介強制装具の開(2018ー2022年度化学研究費助成金 若手研究、研究代表:宮永葵子) 創傷看護について動物モデルを用い基礎実験を行っています。 精神看護学精神看護学 研究室HP精神看護学は、「メンタルヘルスの問題を抱えたあらゆる人」を対象にした看護学領域で、さまざまな精神的課題に沿って、看護の視点から学ぶ領域です。ここでは精神看護学を、精神障がい者を対象とする「精神科看護」、私たちの日常におきる精神的諸問題に対応する「精神看護」、精神科の技術・知識を応用して他の専門領域と協働して対応する「リエゾン精神看護」の3つのカテゴリーで構成して教育しています。それぞれの精神看護を事例を通してわかりやすく解説し、今日的な視点で学生と教員が向き合い、実践力を高める工夫を凝らしております。スタッフ 教授    長山 豊 准教授   大江 真人 講師    新井 里美 助手    山口 千夏 担当科目1)精神看護学分野の科目 看護コミュニケーション論(1年前期) 精神保健看護学概論(1年後期) 精神看護方法論(2年後期) 精神看護学実習(3年通年) 精神看護支援論(4年通年) 2)その他の科目 統合看護実習(4年前期) 看護研究(4年通年) 研究内容 精神科病棟における行動制限最小化を推進するための看護介入 慢性疾患患者への療養援助 メンタルヘルス不調を持つ人の就労継続支援 母性看護学・助産学母性看護学・助産学 研究室HP【母性看護学】では、母性とは何かを踏まえ、母性看護の意義及び役割や女性の一生を通じての母子およびその家族への看護に関する知識・技術を学びます。【助産学】では、妊娠~分娩~産じょく・育児の時期を中心に、母子(胎児含む)とその家族だけでなく、女性の一生に関わる専門職としての助産師に必要な様々な基礎的知識と技術を学びます。(3年生からの選択コースになっています)【研究活動】は、各教員がそれぞれ自己の研究テーマを持って、母性看護学・助産学関連領域の研究を進めています。共通のテーマとしては、母性看護学および助産学教育の質的向上に資する研究に取り組んでいます。スタッフ 教授    神﨑 光子 嘱託准教授 北濱 まさみ 准教授   山崎 智里 講師    三反崎 宏美 助教    林 智美 助教    須藤 久実 助手    大嶋 舞香 担当科目1)母性看護学分野の科目 母性看護学概論(2年前期) 母性看護学方法論Ⅰ(母性看護援助論:2年後期) 母性看護学方法論Ⅱ(母性看護援助演習:3年前期) 母性看護学実習(3年通年) 2)助産学分野の科目 助産学概論(3年前期) 助産学方法論Ⅰ(セクシュアリティ:3年前期) 助産学方法論Ⅱ(産科学:3年通年) 助産学方法論Ⅲ(助産診断:3年後期) 助産学方法論Ⅳ(健康教育演習:4年前期) 助産学方法論Ⅴ(助産過程演習:4年前期) 助産学方法論Ⅵ(助産技術演習:4年前期) 助産管理(4年前期) 助産実習(4年通年) 3)その他の科目 看護研究 (4年通年) 研究内容 母乳哺育の継続した初産婦の体験 助産技術の教材開発に関する研究 母性看護、周産期看護のCAI教材の開発 助産学生のピア・サポートによるいのちの教育に関する研究 子供をもつ親のための災害時の備えに関する研究 助産師の直観に関する研究 電子化パルトグラムの開発 死産体験後にグリーフケアを受けた母親の1年間の心理過程 育児の常識の変化による世代間のとまどい 産後ケアセンターの現状~韓国産後ケアとの比較から~ 産後うつリスクにかかる要因の検討 小児看護学小児看護学 研究室HP小児看護の目的は、子どもの権利を尊重し、一人ひとりの子どもが健康に育つことのできる環境を整え、生活の質(QOL; Quality of Life)が向上するように支援することにあります。そこで私たちは、これらの役割を果たすべく自主性を発揮できる看護の専門家を育成するため、アクティブ・ラーニングという学習・教育方法も取り入れています。教育については、「小児の成長発達の促進と健康増進」「小児の苦痛やストレスの緩和」「家族への支援」を行うために必要な専門知識、援助技術を2学年の講義と演習で学べるようにしています。3学年には、様々な年齢や健康レベルにある子どもを受け持ち、学んだ知識を活用して病棟実習を行います。研究については、近年の高度医療がもたらした複雑な健康問題をもつ子どもと家族や、入院期間の短縮化に伴って増加している慢性疾患・障がいをもつ子どもと家族の支援に関する研究、児童虐待の予防に関する研究を行っています。今後も、変化の激しい時代を生きる子どもと家族全体を捉え、子どもと家族が直面するライフイベントや危機への対処を促す支援に寄与する研究を行っていきます。スタッフ 教授    吉川 由希子 助教    小村 未来 助手    横山 裕介 担当科目 小児看護学概論(2年前期) 小児看護学方法論Ⅰ(2年後期) 小児看護学方法論Ⅱ(3年前期) 小児看護学実習(3年前後期) 研究内容 慢性疾患患児・障がい児と家族に関する研究 養育期家族の問題解決力に関する研究(測定尺度の作成と支援プログラムの開発) 児童虐待の予防に関する研究 子どもの皮膚に適した清潔ケアの方法に関する研究 成人看護学成人看護学 研究室HP成人看護は、ライフサイクルの中で青年期から壮年期までと最も幅広い年齢層を対象とします。そのため、成長・発達を考慮し、身体・生理的、知的・認知的、心理・社会的な側面から対象を理解し、健康レベル・経過に応じた援助を行います。教育は、成人看護に必要な知識・技術・態度の修得をめざし、2学年には成人の特徴と健康障害・健康レベルがその人の生活に及ぼす影響の理解と、EBN(根拠に基づいた看護)を取り入れた援助ができるように、講義とシミュレーション教育を取り入れた演習を行います。3学年には病院で臨地実習を行います。研究活動は、各スタッフが専門的な研究課題をもち、相互支援を行いながら、成人看護の教育方法の開発や臨床実践の発展への寄与に努めています。スタッフ 准教授   村角 直子 准教授   清水 玲子 准教授   北村 佳子 講師    浅野 きみ 助教    金松 瑞代 担当科目1)成人看護学の科目 成人臨床看護総論(2年前期) 成人看護学概論(2年前期) 成人看護学方法論Ⅰ(2年前期) 成人看護学方法論Ⅱ(2年後期) 成人看護学方法論Ⅲ(2年後期) 成人看護学方法論Ⅳ(3年前期) 成人看護学実習Ⅰ(3年前後期) 成人看護学実習Ⅱ(3年前後期) 成人看護学実習Ⅲ(3年後期) 2)その他の科目 看護研究の基本(3年前期後期) 統合看護実習(4年前期) 総合看護学技術演習Ⅰ(4年前期) 総合看護学技術演習Ⅱ(4年後期) 看護研究(4年通年) 研究内容 ICU病棟におけるクリティカルケア看護のエスノグラフィー 成人2型糖尿病患者の教育プログラムに関する研究 深部静脈血栓症予防用弾性ストッキングによる圧迫創傷予防のためのケアシステムの構築 献腎移植者の外来支援に関する研究 救急医療における終末期看護に関する研究 外来化学療法を受けるがん患者の治療と就労の両立支援モデルの開発 マウスを用いたリンパ浮腫発生機序と浮腫軽減や線維化を防止する効果的なケアの開発 リンパ浮腫の軽減を目的としたさらに有効なケア開発のための基礎的研究 重症意思表示困難患者のcueの理解による身体ニーズアセスメント尺度開発 老年看護学老年看護学 研究室HP老年看護では、在宅や施設,、病院といったさまざまな場所で生活する高齢者(家族も含めて)を対象に、個々の健康レベルに応じつつ、その人らしく最期まで生きることができるよう、多職種と協働しながら援助を行います。教育は、学内での講義や演習のほか臨地実習(介護保険施設および病院)を通して、高齢者がその人らしいより良い生活を送るための看護アプローチの方法を学びます。また、その過程で自らの老年観、専門職業人としての倫理観を発展させようとする態度、高齢者ケアにおける看護の役割と今後の課題について考える力を養うことをめざします。研究活動は、メンバーそれぞれに追究・検証課題をもち、高齢者ケアの発展や看護教育方法の工夫、改善に向けた取り組みに努めています。スタッフ 教授    平松 知子 准教授   橋本 智江 嘱託講師  直井 千津子 助教    岩本 陽子 担当科目1)老年看護学分野の科目 老年看護学概論(2年前期) 老年看護学方法論Ⅰ(2年後期) 老年看護学方法論Ⅱ(3年前期) 老年看護学実習Ⅰ(3年通年) 老年看護学実習Ⅱ(3年通年) 2)その他の科目 統合実習(4年前期) 看護研究(4年前期後期) 研究内容 高齢者の転倒予防に関する研究 高齢者施設における介護職の医療行為に関する研究 高齢者施設における入浴ケアに関する研究 高齢者の安全安楽な食支援に関する研究 高齢者のインスリン自己注射に関する研究 公衆衛生看護学公衆衛生看護学 研究室HP公衆衛生看護学では、保健師になるための教育を行っています。保健師は、地域で生活しているあらゆる発達段階、あらゆる健康レベルの人々が主体的に健康を守り、生活の質を向上させることができるように、健康づくり対策、母子保健活動、成人・老人保健活動、健康危機管理など幅広く看護活動を展開しています。教育は、公衆衛生看護を中心に個人・家族、集団、地域を対象にした健康支援活動について学びます。実習では市町や保健所で、保健師活動の実際を体験します。これらを通じて社会の変動に対応できる幅広い知識と、看護実践力の基礎を身につけた看護専門職をめざします。研究活動では、各スタッフの研究課題に基づき、地域で生活する人々の健康維持・増進、生活の質の向上を目的とした研究活動に取り組んでいます。スタッフ 准教授   寺西 敬子 講師    塚本 陽子 助教    妹尾 美咲 担当科目1)公衆衛生看護学分野の科目 公衆衛生看護学概論(2年後期) 公衆衛生看護学方法論Ⅰ(3年前期) 公衆衛生看護学方法論Ⅱ(3年通年) 公衆衛生看護学方法論Ⅲ(4年前期) 公衆衛生看護学方法論Ⅳ(4年前期) 公衆衛生看護学方法論Ⅴ(4年前期) 公衆衛生看護管理論(4年前期) 公衆衛生看護学実習(4年通年) 2)その他の科目 医療経済学(2年後期) 看護研究(4年通年) 研究内容 "地域・集団"の健康状態の明確化、健康状態に関連する要因の抽出を行う研究 地域で生活する高齢者の健康を守る対策に関する研究 認知症高齢者の生活リズムの明確化に関する研究 看護教員が授業研究について学ぶためのプログラムに関する研究 看護系大学教員のキャリア支援ニーズに関する研究 障害や疾病を持つ人の仕事と就労の両立支援に関する研究 若年性認知症の人の就労支援に関する研究 乳幼児健康診査の問診技術向上を目指した実習指導者参加型の技術演習指導の開発に 関する研究 睡眠支援による労働者の健康の保持増進に関する研究 保健師基礎教育に関する研究 在宅看護学在宅看護学 研究室HP在宅看護は、疾病や障害をもつ人、および虚弱者が家族と共に在宅で、それらの疾病や障害を安全・安楽に克服し、自律し、生活の質を向上させることができるように看護することです。在宅看護学の教育は、在宅看護に必要な理論・知識・技術・態度が身に付くように、学内で講義や演習を行います。また、3学年では、訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所で実習を行います。在宅看護学科目群における教育のねらいは、疾病や障害をもつ療養者本人と家族が、在宅で疾病や障害を抱えながらもいかにその人らしい、その家族らしい生活を実現させていくかを共に考え、関係機関や職種と協働できる看護職者を育成することであり、日々、授業内容や方法の工夫に努めています。研究活動は、訪問看護師の現任教育プログラム開発、退院支援、在宅看護論の授業方法、タクティールケア、医療処置を要する在宅療養者の災害に対する備えに関する研究など、在宅看護教育や実践の発展に努めています。スタッフ 教授    前田 修子 准教授   蘭 直美 講師    福田 守良 助手    伊藤 真夕 担当科目1)在宅看護学の科目 在宅看護学概論(2年後期) 在宅看護学方法論Ⅰ(2年後期) 在宅看護学方法論Ⅱ(3年前期) 在宅看護学実習(3年後期) 2)その他の科目 家族看護論(1年後期) 災害看護論(2年後期) アカデミックスキルズ(1年後期) 多職種連携論(3年後期) 看護研究の基本(3年) 看護情報の検索と活用(2年後期) 看護研究(4年) 看護制度と政策(4年後期) 研究内容1)教授 前田 修子在宅における医療処置のひとつ"膀胱留置カテーテル管理"に焦点を当てて研究を進めています。膀胱留置カテーテルは、尿路感染症の原因になりやすく、早期抜去が原則です。しかし、在宅ケアの場合は、慢性疾患が多いことや介護事情によってカテーテル留置期間が長期化し、合併症やトラブルが起きています。「これらの合併症やトラブルを、看護実践で減らし、療養者・家族の安定した在宅生活を支援する。」この目標が達成できるように研究に取り組んでいます。2)准教授 蘭 直美在宅における高齢者の終末期ケアや栄養改善に焦点をあてて研究を進めています。現在、定期巡回・随時対応型訪問介護を利用している在宅要介護高齢者の栄養改善に向けて多職種と協働しながらアクションリサーチに取り組んでいます。3)講師 福田 守良高齢者における"車椅子上の体圧分散及び褥瘡治癒"に焦点を当てて研究しています。現在、座位で生じた褥瘡を座位で治癒させる方法を模索し、車椅子用クッションを使用した介入研究に取り組んでいます。 トップページ 大学概要 建学の精神・概要・沿革 理事長メッセージ 学長メッセージ ユニバーシティ・アイデンティティ(UI) 金沢医科大学の教職員像 地域等との連携協定 新・金沢医科大学禁煙宣言 キャンパス紹介 入学案内 医学部入学者選抜情報 看護学部入学者選抜情報 大学院医学研究科入学者選抜情報 大学院看護学研究科入学者選抜情報 学部・大学院・研究所 医学部 看護学部 大学院医学研究科 大学院看護学研究科 総合医学研究所 教育・研究支援 一般教育機構 医学教育センター 研究推進センター アナトミーセンター 国際交流センター 臨床試験治験センター 図書館 図書館蔵書検索(図書館サイト) サービス 金沢医科大学機関リポジトリ おすすめデータベース しらべものリンク 利用案内 図書館長メッセージ 大学病院 金沢医科大学病院 金沢医科大学氷見市民病院 能登北部地域医療研究所 対象別 受験生の方へ 卒業生・保護者の方へ 研究者・企業の方へ 学生・教職員・研修医 お知らせ 研究活動 News Events 広報・手続き 教職員・研修医・看護師募集 募金のご案内 --> 情報公開 広報 出版局 各種証明書発行 カラダ大辞典 大学評価認定 大学評価(認証評価) 医学教育分野別評価 同窓会 北辰同窓会 看護同窓会 後援会 北斗会 金沢医科大学橘会 後援協力会 関連リンク MCProt biotechnology 公益財団法人橘勝会 アカシア商会 金沢医科大学雑誌 敷地内・敷地外周辺全面禁煙 新・金沢医科大学禁煙宣言 〒920-0293石川県河北郡内灘町大学1丁目1番地 TEL:076-286-2211(代表) 敷地内・敷地外周辺全面禁煙 新・金沢医科大学禁煙宣言 アクセス プライバシーポリシー お問い合わせ一覧 YouTube PubMed(学内専用) Copyright© Kanazawa Medical University. All rights reserved.

オンラインブラックジャック 【徹底解説】BeeBet(ビーベット)のスペシャルベットの ... カジ旅のアプリってあるの?iPhoneで簡単にログインする方法
Copyright ©ヘタフェ対ジローナ The Paper All rights reserved.